ネットで購入できる海外の医薬品とは

使ってみよう海外の医薬品!良い点と危険な点

海外の医薬品の買い方を紹介します

海外製の医薬品の中にはどのようなものがあるのかご存じですか?一般的に海外製の医薬品は日本のものと比べてその効能が大きいことが多いです。その一方で、海外の医薬品は日本の法律、薬事法や薬機法によって規制されていない医薬品なのでその副作用など私たちの人体・健康に与える影響が多いのも事実です。

おすすめリンク

アモバンは効果がある?

睡眠薬のアモバンは副作用が少ないことに定評があります。安全性は高いですが、効果はどうなのでしょうか。

日本にはない海外製の医薬品を具体的に

皆さん、海外の医薬品にはどんなものがあるか知っていますか?もちろん、日本で製造されている医薬品に似たような医薬品も多くあります。しかし、日本にはないような医薬品も多くあります。そのような医薬品を買いたいときにはどのようにすればいいのでしょうか?その方法を説明します。
海外の医薬品を購入する手段には個人輸入・代行輸入といったように、輸入という方法しかありません。まず、個人輸入について説明します。個人輸入にしても、代行輸入にしても、購入者の大原則は「自分自身がしようする場合に限る」ということです。自分のためだけに使うのならば合法ですが、個人が売買目的で海外の医薬品を輸入しようとすると、違法となってしまいます。また、自分自身の使用目的の場合でも、個数が多い場合や、健康被害が出る懸念が多い医薬品を購入する場合などは税関で止められるケースがあるので注意が必要です。個人で輸入するってなんだか不思議な感覚ですよね。でも、そんなに身構えなくてもインターネットで簡単にできるので、ネットショッピングの感覚で輸入することが出来ます。次に代行輸入の方法を簡単に説明します。まず、購入者である私たちが気をつけなければならないのは、その業者が果たして本当に販売許可を得ているのかどうかを確かめなくてはならないということです。日本では薬機法という法律で医薬品の有効性・安全性が厳しく規制されており、この薬機法の定めるところにより許可をえなければなりません。また、海外の製品なので、説明書や外装は、英語など私たちには簡単に読むことが出来ない言語で書かれています。その説明書を日本語にされているかどうかでも、その業者が販売許可を得ているかどうかを見分けることが出来ます。

へぇ~こんなのもあったのか海外の医薬品

このページでは、先ほど紹介したものに加え、さらにどんなものを購入出来るかを紹介します。先ほどは、男性・女性共に、特徴的な医薬品を紹介しましたが、このページでは、若い人からお年寄りまで使用する機会があるであろう医薬品を紹介します。糖尿病の治療薬や禁煙補助薬など数多く紹介します。

海外製の医薬品ってほんとに安全なの?

いままで海外の医薬品について紹介してきましたが、皆さんは医薬品を購入する時にはどんな項目を重視するでしょうか? 値段でしょうか?効果でしょうか?しかし、医薬品を選ぶ上でなにが一番大切かといえば、医薬品の安全性でなないでしょうか?ここでは安全性についてみていきます。

TOPへ戻る